脱毛の宿敵・硬毛化

目次

硬毛化とは

脱毛する人の宿敵である硬毛化。硬毛化とは脱毛することで脱毛前よりも毛が太くなってしまう現象で、多毛化や増毛化とも呼ばれます。毛穴の数は生まれつき決まっていて、脱毛することで毛穴が増えることは無いのですが、毛が硬くなったり太くなるために毛が増えたように感じる現象です。

硬毛化が起こる確率

硬毛化は約100人に1人と言われており、硬毛化する確率はとても低いのですが、可能性がゼロでは無いために硬毛化のリスクを知っている事は必要です。また、事前のカウンセリングで硬毛化するかどうかの判断が出来ないため、実際に脱毛を始めて1~2ヶ月くらいして判明します。過度に心配する必要はありませんが、硬毛化してしまった場合の対策も脱毛SHINEでは十分にご用意しておりますので、カウンセリングの際にご説明させていただきます。

硬毛化の原因

硬毛化の詳しい原因は未だに解明されていません。まだ仮説のレベルですが、脱毛することで本来抜けるハズだった毛が脱毛マシンによる刺激で活性化されてしまうという事が言われています。出力が弱すぎたり、しっかりと毛根にダメージを与えられなかった事が原因ではないかと言われています。

硬毛化しやすい場所・硬毛化しやすい理由

硬毛化の原因が判明していない中でも、経験則として硬毛化しやすい箇所があります。それは産毛が多い部位です。うなじや背中、顔など細い毛が密集している場所です。産毛はメラニン色素が少ない(しっかり黒々してない)ため、マシンの光がダメージを与えにくいとされています。もともと体毛が薄い人、毛が細い人は体毛かしやすいと言われています。

硬毛化とは

硬毛化してしまった場合の対処法

もし硬毛化してしまった場合は、改めて脱毛するのが怖くなったり諦めてしまったりする事もあるかもしれません。ただそれでは本末転倒ですので、硬毛化してしまった場合はしっかり対処しましょう。硬毛化してしまった場合の対処は大きく分けて3パターンです。

  • 照射出力を上げてしっかりと毛根にダメージを与える
  • レーザー脱毛へ変更する
  • ニードル脱毛へ変更する

追加照射

もし硬毛化してしまった場合、脱毛SHINEでは硬毛化した部分に関しては無料で3回の施術をいたします。局部以外に関しては施術前にお写真を撮らせていただき、硬毛化した場合も的確に判断できますので、安心して施術いただけます。

追加照射でも改善されない場合

もし追加照射しても硬毛化の改善がみられない場合は、他の脱毛方法への変更をおススメいたします。もしご一括でご契約いただいている場合は残りの施術回数分は返金させていただきます。

硬毛化まとめ

硬毛化は誰にでも起こりうる現象ですが、確率はかなり低く対処法を知っていれば決して怖くありません。原因がハッキリ解明されていない為、どなたにも可能性がある現象ですが、脱毛で得られるつるすべ肌の方がメリットだと思います。まずは無料カウンセリングでご相談ください。

硬毛化とは
硬毛化とは

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次